逆流性食道炎患者が症状と治療克服の仕方をアドバイスします。原因や辛い症状の改善についても分かりやすく解説。逆流性食道炎の治療方法や克服の仕方をわかりやすく徹底ガイド!

食後の吐き気の原因はコレだ!すっきり症状を改善しませんか?

食後吐き気原因はコレだ!

食後吐き気原因がわからずに悩んでいるあなた・・・」

その原因ですが、逆流性食道炎という病気の可能性が高いと言えるでしょう。

一度、逆流性食道炎になってしまうとなかなか治らない病気だと思われています。

実際に私は約3年間、逆流性食道炎の症状で辛い経験をしました。

そんな、私が逆流性食道炎を根本から改善することができた方法があります。

それは、『病院で処方される薬を飲むことなく逆流性食道炎を根本から改善する』
というコンセプトの治療法で一般の書籍には書かれていない方法です・・・詳しくはコチラ

逆流性食道炎とは・・・

「逆流性食道炎ってなに?」


という人も多いかもしれませんが、テレビのコマーシャルでアトムが解説していたのを
見たことがありませんか?


以前は、欧米人に多い病気だったのですが、近年では日本人にも増えてきた病気のひとつです。


みなさんもご存知の通り、日本は高齢化社会です。

さらに食生活の欧米化なども逆流性食道炎になる大きな原因になります。


食後吐き気原因と逆流性食道炎は密接な関係があります。

そして、逆流性食道炎と高齢化・食生活の欧米化も密接な関係があるのです。


それでは、順に解説していきましょう。

まずは食後吐き気原因ですが、逆流性食道炎の症状は、胃液が食道に逆流して、
その逆流した胃液が食道を傷つけることでなってしまう病気です。


食べ物を食べたら胃はどうなるでしょうか?


そうですね。胃液を分泌して食べ物を消化しようとします。

通常ならば、胃液が逆流することはないのですが、逆流性食道炎になっている人は
胃から食道へ胃液が逆流しやすい状態になっているのです。


食後吐き気が起こる原因は、食べた物を消化するために分泌した胃液が逆流することで
起こっているのです。


「じゃあ、なぜ逆流がおきやすくなるの?」


と思いますよね。それは胃から食道に内容物を逆流しないように締める役割がある
一過性下部食道炎括約筋という部分の締め付けが弱くなっていることが原因になっています。


食生活の欧米化にともない脂っこい食べ物が増えてきました。この脂っこい食べ物は
一過性下部食道炎括約筋を緩みやすくする原因になるのです。


また食べた物は、食道のぜん動運動によって胃に運び込まれます。逆に胃液が食道に
逆流した時も、このぜん動運動によって押し戻されているのです。

このぜん動運動は高齢化になるほど、ぜん動運動能力が低下してしまうので逆流して
しまいやすくなってしまうのです。


これが食後の吐き気の原因の大きな要因となります。


食事を食べることで胃液が分泌されて、それを防止する機能が、食生活や高齢が原因で
低下してしまい、胃液の逆流を起こしているからになります。


◆ 管理人が逆流性食道炎を改善した体験談はこちら

私は約3年間、逆流性食道炎で辛い経験をしました。

実際に逆流性食道炎になったことことがない人にはわからないかもしれませんが

ご飯を食べたらあの辛い症状が待っている」と思うと本当に辛いんです。

そんな、私が逆流性食道炎を根本から改善することができた方法があります。

それは、『病院で処方される薬を飲むことなく逆流性食道炎を根本から改善する』
というコンセプトの治療法で一般の書籍には書かれていない方法です・・・詳しくはコチラ


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional