逆流性食道炎患者が症状と治療克服の仕方をアドバイスします。原因や辛い症状の改善についても分かりやすく解説。逆流性食道炎の治療方法や克服の仕方をわかりやすく徹底ガイド!

食後の吐き気に関連する病気について知りたい方はこちら!

食後の吐き気について

食後の吐き気に悩まされている人が一番気になるのは、

「何か病気になっているのではないか?」

ということだと思います。

というか、私が不安に感じたのが「もしかして病気なのか?」でした。


そんな、原因がわからないまま食後の吐き気が多発して「不安でいっぱいのあなた」
もし、下記のような症状がある方は逆流性食道炎の可能性が高いでしょう。

  1. 食後の吐き気・胸焼けがする
  2. 脂っこい物・甘い物を食べた時になることが多い
  3. 最近ストレスを感じている
  4. 食後から時間が経っていてもゲップがでる
  5. お腹が減っているのに食べると気持ち悪くなる
  6. 寝転ぶと胃液が逆流しているように感じる

こちらの項目に何個かあてはまる場合は逆流性食道炎の可能性があります。


といっても「逆流性食道炎ってなに?」と思う人も多いのではないでしょうか。

今は見なくなりましたが、ちょっと前までテレビのCMでアトムが解説していたのを
見たことないですか?

その逆流性食道炎という病気がどういうものかというと、その名のとおり、
胃液が食道に逆流してしまい、それが原因で食道に炎症を起こしてしまう病気です。


軽い症状だと、食事や生活習慣を改善することで治すことができますが、
症状が重くなると、長期間の薬物治療が必要になることもあります。

この病気は治療することで治すことができるので、早期の治療をおすすめします。

一番簡単な判別方法は食後の吐き気です。

治療が遅れて、炎症が拡大してしまうと長期間の治療が必要になり、
何年間も治療しないといけなくなってしまいます。


まず、すぐにできることは脂っこい食べ物・甘い食べ物・アルコール・カフェインの
摂取を控えることです。

コレを食べてしまうと、食後の吐き気が起きやすくなってしまいます。

早く治したいのなら上記の食べ物は摂取しないほうが良いでしょう。


そして、食後すぐに寝転ばないことも重要です。

というのも胃液が逆流しやすい状態なので、食後の胃液が多く分泌されている時に
寝転んでしまうと、食道に胃液が逆流してしまうからです。


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional