逆流性食道炎患者が症状と治療克服の仕方をアドバイスします。原因や辛い症状の改善についても分かりやすく解説。逆流性食道炎の治療方法や克服の仕方をわかりやすく徹底ガイド!

逆流性食道炎の症状について知りたい方はコチラ!【注目の治療法公開中】

逆流性食道炎の症状とは?

逆流性食道炎の主な症状ですが、胸焼け、胃酸逆流(呑酸=どんさん)が代表的な症状となり、
その他にも、吐き気、嚥下障害、げっぷ、胸痛、咳、喉の異常感などがあります。

私は約3年間、逆流性食道炎の症状で辛い経験をしました。

主な逆流性食道炎の症状は、げっぷ、胸痛、胃酸逆流、吐き気でした。

そんな、私が逆流性食道炎を根本から改善することができた方法があります。

それは、『病院で処方される薬を飲むことなく逆流性食道炎を根本から改善する』
というコンセプトの治療法で一般の書籍には書かれていない方法です・・・詳しくはコチラ


逆流性食道炎の症状を詳しく解説

こちらが逆流性食道炎の代表的な症状です。

[check] よく胸焼けがする

[check] げっぷがよくでるようになった

[check] 寝ている時などに酸っぱいものが口に上がってくる

[check] 胸痛がするようになった

[check] 甘いものやコーヒーなどを飲食すると気分が悪くなる

[check] 最近、胃液が逆流するような感じがある

[check] なぜかわからないが気持ち悪い

[check] 突然、胃の辺りが痛くなりだした

[check] お腹が減っているのに食べると気持ちが悪くなる



特に、逆流性食道炎の代表的な症状である、胃酸逆流(呑酸=どんさん)による胸焼け等は
苦痛を伴う症状で、実際に私もなったのですが、何をしていても胸がムカムカし、私の場合は、
食後に症状が顕著に現れたので、ご飯は食べたいのに、食べたら、また胸やけがして
辛いという葛藤に苦しみました。


この胸焼けの原因となる胃酸逆流(呑酸=どんさん)というのは、食道まで胃酸や消化物が
逆流することで、酸っぱいものや苦いものが口まで上がってくるというもので、これに伴って
胸のムカムカという症状が現れます。


あなたも経験があると思いますが、お酒を飲みすぎたことによる、二日酔いなどの胸焼け
であれば、それほど問題視する必要はありませんが、それが頻繁に起こるようなら、
逆流性食道炎の可能性があるので、病院で診察を受けることをお勧めします。


また、逆流性食道炎の合併症として、食道狭窄、潰瘍、出血などがあり、なかでも
逆流性食道炎が原因で、食道に変性を起こし、バレット食道という状態になると
発ガンの危険性が高くなるので注意が必要です。


もし、このサイトで掲載しているような症状が当てはまる場合は、早めに病院で診察を
受けて早期治療を心がけるようにしましょう。


私がそうだったのですが、逆流性食道炎という病気を知らなかったので、症状が現れてから、
1週間ほど訳もわからず苦しんでいました。

知っていれば、すぐに病院で診察を受けたり、改善するために必要な対策をとるなどして
早期に対処することができたのに、【無知】というのは怖いものです。


◆ 管理人が逆流性食道炎を改善した体験談はこちら

私は約3年間、逆流性食道炎で辛い経験をしました。

実際に逆流性食道炎になったことことがない人にはわからないかもしれませんが

ご飯を食べたらあの辛い症状が待っている」と思うと本当に辛いんです。

そんな、私が逆流性食道炎を根本から改善することができた方法があります。

それは、『病院で処方される薬を飲むことなく逆流性食道炎を根本から改善する』
というコンセプトの治療法で一般の書籍には書かれていない方法です・・・詳しくはコチラ


逆流性食道炎コンテンツ一覧



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional