逆流性食道炎患者が症状と治療克服の仕方をアドバイスします。原因や辛い症状の改善についても分かりやすく解説。逆流性食道炎の治療方法や克服の仕方をわかりやすく徹底ガイド!

逆流性食道炎は病院で検査してもらったほうがいい?その理由は・・・

逆流性食道炎だと思ったら、まずは病院で検査しましょう

逆流性食道炎というのは、胃液などが逆流することによって、
食道に炎症を起こしてしまう病気です。


逆流性食道炎の代表的な症状としては、胸焼け、呑酸、つかえ感などがあり、食後でも
ないのによく胸焼けがする、食後や夜間に胃液が逆流する感じがある、などの症状があると
逆流性食道炎の可能性が高いので、すぐに病院で検査してもらいましょう。


内科・胃腸科・消化器科などで検査してもらうとよいでしょう。

その他にも、のどの違和感、せき、ぜんそくの症状、胸痛、上部腹痛のような様々な症状があります。


逆流性食道炎病院で内視鏡検査をしないと詳細を知ることができない病気です。

なので、もし逆流性食道炎の疑いがあるようなら、まずは病院で検査をしてもらい
それから治療をするのがベストでしょう。

検査について

逆流性食道炎の検査についてどうしても欠かせないのは内視鏡検査です。

それ以外の検査は医師の判断で省くこともありますが状況によって様々です。


たとえば、胸痛があれば心電図検査、せきがでるのであれば胸部エックス線写真、
のように症状があれば、それに対応した検査も必要になってきます。


そして、様々な検査をし、食道がんなどの怖い病気の可能性が全部否定できて
はじめて逆流性食道炎についての治療をするようになります。

逆流性食道炎は治ったけど、食道がんは見落としていた、というのでは意味がないですからね。



病院の検査コンテンツ一覧



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional